2008年5月18日 (日)

スペシャリストvsゼネラリスト

出世と言えば管理職。管理職を目指すなら総合的な知識を持ったゼネラリストかなぁと思っていた学生時代。でも、実際に働き出して現実を見てみると、考えも変わるものです。

例えば、主要五科目を教えている2つの塾があったとします。A塾には各科目に1人の専門講師がいます。B塾には全科目を担当できる講師が5人います。

あなたが塾の経営者だとしたら、どちらが好ましいでしょうか。A塾の場合、1人でも講師が抜けると、途端に立ち行かなくなります。その点、B塾では他の講師で代替できるため、次の講師を採用するまでに猶予があります。何でもできる人がたくさんいると、経営者としては安心ですね。

では、あなたが生徒や、その保護者だとしたらどうでしょうか。まぁ、論ずるまでも無くA塾が良いでしょうね。顧客にとっては経営者側の都合なんてどうでもよく、品質の高いサービスが受けられるかどうかが問題なわけですから。何でもできる人は、本当に困った時には役に立たない人とも言えるわけです。

もちろん、全教科で深い知識を持っているなら文句ありません。高い給料を払う価値はあると思います。現実にそんな超人がいればですが。

結局、いくら安全な経営をしようが、顧客に選ばれない企業に未来はありません。多くの企業がスペシャリスト育成に関心を向ける今、選択肢があるなら、迷わずスペシャリストを選ぶべきでしょう。一般的な出世コースからは遠のく気がしますが、管理職なんてやっても企業が潰れれば終わりですからね。転職にも強いスペシャリストがお薦めです。

ただし、ここで悲しいお知らせが。英語専門講師なんて、英語教育が廃止された瞬間に無用の長物と化します。変化の早い現代社会。生き残るには、文系専門講師ってくらいに、幅のあるスペシャリストになりたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

簿記試験結果報告

簿記2級の結果が郵送されてきたので「資格関連」のページに追加しました。

さすが都会と言うべきか、問題ごとの点数まできっちり出てました。合格証の方は同じフォーマットですが、3級の時と比べるとちょっぴり渋い色づかいになっていました(´。`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

簿記試験結果報告(仮)

本日13時30分からの簿記試験2級を受けて、つい先ほど帰ってきました(´。`) 流石に3級の時ほどの余裕はなく、制限時間いっぱいまで粘ることになりました。

今回の試験では、なぜか試験開始30分後の退場解禁と同時に2人ほど退場しました。まさか30分で解答し終わった…なんてことはないはずなので棄権ってことでしょうが、ホントに解き終わってたら相当な強者ですね。私の場合最速でも1時間はかかりますから。

結果の方は、解答速報で自己採点したかぎり、84~94点でした。かなりの不幸が降りかかっても70点は切らないと思うので、まぁ合格したと思って良さそうです。これで、結果発表日の12月10日は心安らかに迎えられますし、来春は他の資格に集中できそうです。

え、簿記1級?

断言して、それはありません。そこまで行ったら、税理士か会計士にジョブチェンジしそうですし。情報システム業界で必要とされてる資格分野は他にいくらでもありますからね。次はテクニカルエンジニアのデータベースあたりが妥当なところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

情報技術者試験 新体系

これまで、私もいくつか資格をとってきた情報技術者試験が、2009年度の春期試験から新体系に移行する…らしいです。今までの資格がどういった扱いになるのかは不明ですが、私としては、ちょっと嬉しい事態になりそうな予感です。

…というのも、今の会社は上位の資格をとると報奨金が出るんです。ただ、私は入社前から保持していたために実に8万もの報奨金を逃してしまったんですね(^_^;) 今回で簿記2級を取得すれば、次は情報系の資格を…と考えていたので、うまくすれば

秋期試験で資格取得 → 報奨金ゲット

春期試験で新区分の類似資格取得 → 報奨金ゲット

…なんてことも可能かもしれません(笑)
ちょうど、復習でもして足場を固めたいなぁと思っていたところなので、ちょっぴり楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

休日の過ごし方

最近は全く話題にしなかったので、こっそり断念してるんじゃ?とか思われてるかもしれませんが、ちゃんと続けてます。簿記2級の勉強。
部屋ではやる気にならないので、日曜に近くのファミレスに6時間ほど居座って勉強してます。高校時代も、受験前には休日の学校に出てきて勉強してたことがありますが、雰囲気が変わると意外と勉強に集中できます。やらないとなぁと思っていてもできない人は、一度試してみてください。一般的には漫画喫茶なんかが勧められてますが、個室だと雰囲気も変わらないし、漫画の誘惑もありますから、ドリンクバーのあるファミレスか、喫茶店、ファーストフードの2階席あたりが良いかもしれません。周りの目があった方が刺激?になりますしね。

で。
来月に迫った簿記試験の勉強も一通り終了し、今日から過去問に挑戦することにしました。

合格点 70点/100点

結果 : 68

微妙に不合格でした。絶望するような点数でなかったのが救いですが、時間が全く足りてません。問題によっては、もっと悪くなる可能性もあるので、あと一ヶ月でしっかり詰めていきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

キャッシュミスヒット

大学関連の諸々の仕事が片づいたので、ぼちぼち簿記の勉強を再開しているところなんですが…

8割方覚えてません(゚Д゚|||)

たった2ヶ月放置しただけで、綺麗さっぱり記憶が消え去ってます。もちろん3級の内容は覚えているんですが、新規に詰め込んだ知識が…。やるときは一気にやって、資格もすぱっと取るのが一番ですね。だらだらやったり、こつこつやるのは記憶効率も時間効率も悪そうです。少なくとも私の場合は。日々の積み重ねが大事なのは分かりますが、継続するだけの精神力が如何ほどかを勘案しなければなりませんね;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

簿記結果報告

はいはーい、久しぶりの学問・資格カテゴリーな話題です。本日、簿記3級の試験結果が公表され、無事合格しました。それにあわせて、左フレームの資格関連の項目も更新しました。大丈夫だろうと思っていても、やっぱり見る直前は不安になるものですね。今の段階では、何点獲得できていたのか不明なのですが、合格証を受取りに行った時に教えてもらえるのかな?いずれにせよ、以前の発言通り、2級に挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

簿記試験終了

ようやく簿記試験が終了しました。ようやくと言っても、それほど長い間勉強してきたわけではないのですが、なんだか肩の荷がおりた気分です。試験時間は2時間でしたが、1時間15分ほどで見直しまで終わり、おそらく1抜けです(´。`) ま、早けりゃ良いってものでもないですけど。問題の難度としては、久々に小口現金の問題が出た以外は、これといって難点はなかったように思えます。手応えはあったんですが、結果が返ってこないことには何とも言えませんね。ちなみに発表日は12月12日。これで受かっているようなら2級を目指してみるのもいいかもしれません。資格情報への反映は、結果が分かってからにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

簿記模試4回目

今回の結果は79点。しかし、制限時間を5分オーバーしてるので、実質不合格のようなものです。合格者が少なかった回の問題だけあって、初っぱなから書き込む勘定科目の量が2倍。結局そこは1ミスで、そのミスも正答と迷った末のミスだったので問題はなかったんですが、いきなりの先制パンチに時間配分が完全に狂ってしまいました。しかも、今回は問2に苦手な損益振替が…。結果、問2は無惨にもほぼ全滅。終わってみれば、今までと比べて、問1の難度が上がり、問4が簡単な分、問2が難しくなっていたってだけなのに、動揺で必要以上のダメージを受けてしまったようです。何というか…未熟!!って感じですね(>_<)

今回の教訓から、今後は解き方を変えようと思います。まず、問2,4を20分の制限時間付きで解き、問1,3,5に取りかかる。それが終わった後、再び問2,4で解けていない問題に取りかかる。一番リスクが低い作戦だと思いますが、実際に試してみないと何とも言えませんね。そもそも、テストと名の付くものは、知識と同等に時間配分が重要です。受験にせよ何にせよ、自分にあった配分法を探すのも重要なテスト対策です。最初から全て解かせるつもりのない問題量を出す私立とかありますし、その辺はまさに経験がものを言いそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

簿記模試3回目

今回の結果は、なんと88点!!問題1,2,5がパーフェクトで、3が1ミス、4が全滅(T_T) 120分の時間配分もだいたい身に付いてきたようです。

3回目にもなると、なんとなく傾向が掴めてきます。1,3,5問目は毎回固定のようなので、ケアレスミスにさえ注意すれば(変な言い回しだけど)、安定して点数が取れそうです。問題なのが2,4問目で、毎回違った内容です。今回の問2はサービス問題レベルだったのですが、問4の損益振替と資本振替が、あ~なんかそんなものもあったなぁ程度の記憶しかなかったので、努力も悪あがきにしかなりませんでした。救いなのはその2問の配点が極めて小さいってことでしょうか。今のところ、他の3問を確実に得点していくことが合格への道のようです。

模擬テストがあと10回分残っていますが、80点以上をキープしていきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧